機械式腕時計修理

MENU

機械式腕時計修理の費用相場

機械式腕時計の修理は基本的に手巻きよりも高く
最低ラインが20000円程度となっています。

 

最近ではどの高級ブランドでも機械式腕時計が多くみられるようになりました。
そこで、メーカーへ依頼するかたよりも時計専門店へ
修理やオーバーホールを依頼されるという傾向が強まりつつあります。

 

どうしてメーカーより専門店が選ばれるのか?その理由は2つあります。

 

@機械式腕時計の修理費用相場が根本的に安いから
Aメーカーよりも専門店の方が修理にかかる時間が短いから

 

時計専門店では2週間で返却されることが多い中
メーカーへ修理を依頼すると2か月かかることが多く
余裕のある方には良いかもしれませんが、経済的にも期間的にも
専門店を選んだ方がお得だといえます。

 

 

修理だけじゃなくオーバーホールも安い時計修理店を選びたいですよね。
そこで、機械式腕時計の修理料金に関してご紹介します。
「料金が安い」だけでは良い業者とはいえないので注意してください。

時計修理専門店2比較

例えば「タムタイム」と言う時計修理店の場合、こういった特徴があります。

 

・1年間の保証がついている(修理・オーバーホール)
・時計修理技能士の資格を持っている技術者が修理に対応している
・配送でのオーバーホールを承っている

 

では、気になる機械式腕時計の修理費用に関して見ていきましょう

 

機械式腕時計修理手巻き、オーバーホール費用
最低ライン18000円、最高ライン30000円

 

機械式腕時計修理自動巻、オーバーホール費用
最低ライン20000円、最高ライン32000円

 

どちらもメーカーよりはだいぶ安く設定されていますね。
そこで、メーカーよりは時計専門店へ依頼する方が
機械式腕時計修理費用が安いということがわかりましたね!

 

どの専門店でも同じ・・・というわけじゃありませんが
専門店によっては「持ち込みができない」「オプションがついていない」
などの特徴があるのでチェックしておきましょう。

 

機械式腕時計修理を考えている方は、参考にしてみて下さいね。

 

ロレックス時計修理店を探すなら>>